歯科医として転職する際に考えておきたいキャリアプラン|静岡市で歯科医師や歯医者の転職・勤務医なら - ひかり歯科医院へ

HOME 〉歯科医として転職する際に考えておきたいキャリアプラン
HOME 〉 〉 歯科医として転職する際に考えておきたいキャリアプラン

NEWS

歯科医として転職する際に考えておきたいキャリアプラン

  • Date// 2018年11月9日

 

歯科医として経験や実績を積み、キャリアアップしていきたいと思うなら、「転職」を考えてもいいと思います。特に現在勤めている歯科医院でそれ以上のキャリアアップが望めないと判断した場合は、できるだけ早く転職先を見つけた方が良いでしょう。ただし歯科医として転職する際には、いくつか考えておかなければならないことがあります。

 

ライフプランを明確に

転職を考えた際、キャリアプランだけでなく自分のライフプランも明確にしておきましょう。ライフプランとは人生計画のことで、仕事以外のプライベートな部分での計画です。

例えば「○歳までに結婚」「〇歳で出産」「〇歳で地元にUターン」といったことです。人生をどう生きるかの指針になるものなので、転職してキャリアプランを考える前に、しっかりライフプランを考えておきましょう。

 

キャリアプランから転職先を考える

ライフプランが決まったら次に、「歯科医としてどう生きるか」のキャリアプランを立てましょう。特定の分野における専門性を高めるのか、将来的に開業するのか、実家の歯科医院を継ぐのか、など、キャリアプランはさまざまです。そしてそのプランに基づいて、治療技術や経営に関する知識など、これから身に付けるべき事項を洗い出しましょう。すると、どのような歯科医院に転職すればいいかが自ずと見えてくるはずです。

 

キャリアプランの立て方について

ただしいきなり自分ひとりでキャリアプランを立てるというのは難しいことです。もし明確なプランが思い浮かばなかった場合は、先輩の歯科医の話を聞いてみましょう。大学時代の先輩や現在勤めている歯科医院の先輩歯科医師など、自分が「いい働き方をしているな」と思える人たちに相談してみると、自分がどうなりたいかがわかってくると思います。自分ひとりでゼロからキャリアプランを立てていると、迷いが生じて間違った選択をしてしまうこともあるので、周りの人の力を借りましょう。

 

転職のスケジュールを立てる

どんな転職先がベストかわかったら、転職するためのスケジュールも立てておきましょう。現在勤務している歯科医院を辞める時期、新しい歯科医院に勤め始める時期など、きちんとスケジュールを立てておかなければ転職活動は進められません。行き当たりばったりで転職活動をしていると、現在働いている医院にも転職先の委員にも迷惑をかけてしまいます。

 

転職先の歯科医院について調べる

具体的に転職活動が始まったら、転職先候補の歯科医院について徹底的に調べましょう。「知人に紹介された」「求人サイトで条件が良さそうだった」といったように安易に決めてしまうと、自分で計画したキャリアプランと外れてしまいます。

転職後に後悔して、何度も転職活動をするはめになるかもしれません。大切なのはライフプランやキャリアプランをもとに、転職先を探すこと。

診療科目や仕事内容、雇用形態、給与などが、ライフプランやキャリアプランに結び付くような転職先を見つけるのです。そのために情報収集は欠かせません。

 

まとめ

歯科医としてキャリアアップしていきたいと思うなら、自分のライフプランとキャリアプランを立てて、それに合う転職先を見つけることが大切です。どんな歯科医院で働くかによって、自分の人生は大きく変わります。

歯科医として数十年間働いていくのであれば、無駄な時間はありません。より自分の人生に必要だと思う道を選びましょう。

ページトップへ