歯科医師(歯医者)の転職の際に押さえておくべき選び方|静岡市で歯科医師や歯医者の転職・勤務医なら - ひかり歯科医院へ

HOME 〉歯科医師(歯医者)の転職の際に押さえておくべき選び方
HOME 〉 〉 歯科医師(歯医者)の転職の際に押さえておくべき選び方

NEWS

歯科医師(歯医者)の転職の際に押さえておくべき選び方

  • Date// 2018年11月9日

現在の歯科業界は、売り手市場だと言われています。つまり、歯科での仕事を探している人よりも、歯科求人の数が圧倒的に多いのです。なので歯科業界で働きたい方にとっては有利な状況なのですが、たくさんの求人の中から選んで就職したものの、すぐに辞めてしまう方が多数いらっしゃいます。

その理由は、職場の人間関係が悪かったり、求人票に書かれていた条件と異なっていたり、業務が多忙すぎたりとさまざまです。実際に私の知人でも、新卒で働き始めた歯科で先輩歯科医師からいじめを受けてすぐに辞め、次に働き始めた歯科では院長の性格に問題があったためまたすぐに辞めて…と転職を繰り返している人もいます。やはりいい意味でも悪い意味でも、個性の強い歯科医院が多いようです。

どうせ働くのなら、良い職場で楽しく長く勤めたいと思うはず。今回はハズレを引かないよう、歯科求人を探す上で必要最低限チェックしておくべき項目についてまとめました。歯科業界で働きたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

求人選びを見直すべき人

・転職を繰り返しても、いつもクセの強い歯科医院にばかり当たってしまう

・面接のときはいい雰囲気だったのに、いざ働いてみると人間関係が崩壊していた

・求人票に掲載されていた就業時間や休日、給料などと違っていた

などという悩みをお持ちの方は、もしかすると求人の選び方が間違っているかもしれません。求人には疑った方がいい地雷ポイントがいくつか隠されていることがあります。この地雷ポイントの見分け方を覚えて、ハズレの求人を入社前に回避できるようになりましょう。

 

ハローワークとネット求人、どちらを使うべき?

まず、求人票をチェックする前の話ですが、多くの人はハローワークかインターネット求人のどちらかで求人を探します。

ですが仕事をしながら転職先を探すためにハローワークに通うのはなかなか大変です。そんなときは、Indeedという求人サービスを使ってください。

indeedには、ハローワークの求人もネットの求人も、ほとんどがまとめて掲載されています。indeedと歯科医院が直接提携して掲載している求人はもちろん、ほかの求人サイトの案件、ハローワークからの求人もすべて閲覧できるので大変便利です。転職を考えるなら、まずindeedでどんな求人があるかチェックしておくと良いでしょう。

 

求人はいつから募集されているか確認する

実際に求人票をどうやってチェックしていくかも見ていきましょう。まず求人は、転職したいと思っている時期の一カ月以上前から目を通しておくことが大切です。

一カ月以上求人サイトを見ていると、どの求人が最近募集を始めたのか、どの求人がずっと募集し続けているのかがわかります。

ずっと募集が上がっているというのは、何らかの問題があって人が集まらない求人だと言えます。その問題とは単に勤務地が不便な場所にあったりする場合もありますし、人間関係が悪く次々人がやめていく場合などさまざまです。

場所などが自分にとって問題でなければ穴場の転職先だと言えますが、ずっと募集を続けている求人は地雷求人の可能性もはらんでいるので、しっかり調べておいたほうが安心です。

 

■気になる求人があってもすぐ飛びつかない

気になる求人を見つけたら、必ず下調べをすることも大切です。その歯科医院のホームページや、口コミサイトなどで気になる点がないか調べてください。

ハローワークの案件である場合は、職員の人とも相談してください。インターネット求人の場合は、担当者に相談しておくことをおすすめします。

相談では「いつから募集しているのか」「今までにそこに面接に行った人はいるのか」「今までに面接を受けて働き始めた人はいるのか」という点を確認してください。なぜかというと、「長期募集していて歯科医院側から採用が出ているのに、それを断った人がいる」というのは、面接で何か“ここでは働きたくない理由”が見つかったからという可能性があるからです。

もちろんたまたまほかに良い求人が見つかったというだけかもしれませんが、少し慎重に考えたほうがいいかもしれません。

 

インターネット求人で気になる求人があったら

インターネットを見て気になる求人を見つけたら、その求人を掲載しているサイトに登録してみましょう。

インターネット求人なら担当者が直接先生と連絡を取るので求人先の歯科医院の先生の雰囲気についてわかりますし、面接や採用の連絡も担当者がすべて行なってくれます。実際に働くとなった場合も、給与などの条件面の交渉もサイトの担当者が行なってくれます。自分ひとりで転職活動しているより、とても楽になるのです。

 

面接でチェックしたいポイント

気になる求人に応募し選考が進むと、面接に呼ばれます。その日程を決める際、一度見学したい旨を先方に伝えておくと安心です。見学しておくと、その歯科がどんな雰囲気なのかがわかるからです。スタッフにどんな人がいるか、衛生面で問題ないか、どれくらい混んでいるかなど、求人票ではわからない情報を得られます。

 

面接のときにチェックしたいポイント

面接では、下記の点を聞いておきましょう。

 

実際の給与

求人票には「月収○○円以上」などとあいまいな表現でしか給与が掲載されていません。実際に働いてみるとそれより低いこともあるので、必ず確認しておきましょう。

歯科医師が受け持つ業務内容

歯科医師のキャリアステップは、医院によってさまざまです。自分が採用された場合にはどのような業務を担当するのかも知っておかなければいけません。

 

滅菌・消毒レベル

医院がどんな衛生観念を持っているか、自分が納得できるレベルかどうかも、働く上で大切なことです。

 

セミナー参加・講習会があるか

歯科医師としてキャリアを積みたいのであれば、講習会でスキルを磨くことも必要です。講習会やセミナーに参加する際の条件や金銭補助、自分で受けたいものを受けられるかも確認しておきましょう。

 

直接医院に確認しづらい場合

面接の雰囲気や今後の採用が不安で直接医院に確認しづらい場合は、求人サイトを通して上記の事項を確認しましょう。

インターネット求人では、面接の後、医院からサイトのほうに合否が伝えられます。その後、サイトの担当者から採用・不採用の通知がきます。この時点で、担当者に気になる点を確認しておくと良いでしょう。

 

まとめ

歯科医師の求人は、求人票の条件だけではいけません。いくら条件の良い求人でも、実際に現場を見るまではいい職場かどうかわかりません。

特に歯科業界は特殊な職場が多いので、すぐ辞めたくなるような歯科医院を選ばないよう、しっかり下調べをしておくことが大切です。

ページトップへ