歯科医の転職で求人を探す方法

歯科医として働くなら、職場の環境や雇用条件はもっとも大事な要素。現在勤務医として働いている歯科医の方も、今より良い条件で働けるなら転職したいと思うこともあるでしょう。今回は歯科医の方が求人情報を集める際にどのような方法があるかをまとめてみました。

ハローワーク

歯科医に限らずですが、転職者がまず利用するといえばハローワークでしょう。ハローワークは厚生労働省管轄の公的機関なので、紹介してもらえる求人情報には一定の信頼性があります。そのため転職希望者にとっては利用価値が高いでしょう。

ハローワークでは民間の歯科はもちろん、公的な医療機関の歯科まで、幅広い求人情報を取り扱っています。最近ではインターネットで求人情報を探せるサービスも提供されているので、自宅にいながら歯科求人を探すことも可能です。

 

歯科医専門の求人サイト

歯科医師専門の求人サイトというものもあります。こういったサイトは歯科医の求人情報に特化しているので、より専門的に求人を探すことができます。

給与や勤務日数など、細かい条件を入力して検索することもできますし、全国各地の歯科医院を探せるのも魅力です。特に会員登録が必要な求人サイトでは、会員限定の非公開求人を閲覧することもできます。

また、情報の質が高いので、転職先で自分が働いているイメージを広げやすと言うのも歯科医専門の求人サイトの魅力です。

 

直接医院のホームページを見る

昨今の歯科医院、公的な医療機関は、独自のホームページを持っています。求人がある場合は、そのホームページに募集要項が掲載されていることがあります。

これを見つけて直接連絡すれば、スムーズに選考に対応してくれることがあります。思わぬ好条件の求人に出会えることがあるので、インターネットで歯科医院を調べていくと良いかもしれません。

 

医療系の人材紹介会社

人材紹介会社を利用して転職する方もいます。人材紹介会社にはインターネット上では探し出せない情報が掲載されています。特に医師や歯科医師といった医療系に特化した人材紹介会社であれば、独自のコネクションから良質な求人情報を紹介してもらえることがあります。

医療系の人材紹介会社に登録するとキャリアアドバイザーと呼ばれる転職の専門家のサポートを受けられるという点も魅力です。キャリアアドバイザーは求人情報の収集から面接のセッティング、条件交渉などさまざまなサポートを行なってくれるので、働きながら転職先を見つけたいという場合にも大変便利です。

 

コネクションを使う

最も確実で手間がかからないのは、先輩や知り合いの歯科医、友人らのコネクションを利用して転職先を探す方法です。

大学病院と関わりのある方はコネクションが強いので、こういった方に紹介をお願いすると良いかもしれません。

コネクションを使えば場合によっては面接すら必要なく、スムーズに転職できる可能性もあります。また、給与や勤務形態などの交渉がしやすいというメリットもあります。

 

まとめ

歯医者として転職を考えた場合、さまざまな方法で求人情報を集めることができます。人によって合う方法と合わない方法もあるので、まずはすべてを試してみると良いでしょう。

複数の方法で並行して求人情報を探せば、より良い条件の転職先を見つけられる確率が上がります。利用できる方法はすべて利用して、満足いく最高の転職先を見つけてください。

歯科医(歯医者)転職を考える際の情報の集め方と押さえるべきポイント

歯科医(歯医者)としてこれから働く上で、参考にしたい各職場環境や雇用条件などの情報源。

「これから働く職場がどんな環境なのか」「この職場でどんなスキルを磨くことができるのか」「在籍している医師にはどのような方がいるのか」など、数多くある中から選ぶ際に気になるものです。

今回は、歯科医として転職考える際の情報の集め方について解説します。

“歯科医(歯医者)転職を考える際の情報の集め方と押さえるべきポイント” の続きを読む