歯科医の転職で、より良い条件のクリニックを選ぶには|静岡市で歯科医師や歯医者の転職・勤務医なら - ひかり歯科医院へ

HOME 〉歯科医の転職で、より良い条件のクリニックを選ぶには

ブログ

歯科医の転職で、より良い条件のクリニックを選ぶには

昔に比べ、今はたくさんの歯科医院があります。ですからもし今の医院で働いていて満足できないことがあったら、別の医院に転職してしまうのもひとつの方法です。しかし転職先選びを失敗すると、何度も転職を繰り返してしまうはめになることも。

今回は歯科医として転職する際に気を付けておきたいポイントをまとめてみました。転職を考えている歯科医の方は、ぜひ参考にしてください。

 

自分がしたい治療ができるか

歯科医院によって、訪れる患者が違います。例えば住宅街にある歯科医院には子どもが多く来院しますし、駅近の歯科医院には会社帰りのサラリーマンが多く来院します。少し地方になると、年配の方の治療が主になるでしょう。

もちろん、訪れる患者によって歯科医院がメインで行う治療も異なってきます。本当は義歯の治療が得意なのに、義歯を使う治療ができない…なんてこともあります。

さらに、自費診療が多いのか、保険診療が多いのかによっても、メインの治療が異なります。転職先を決める際には、その歯科医院で自分がしたい治療、自分が理想とする働き方ができるかどうかは必ず確認すべき点です。

 

ライフプランに合っているか

仕事も大切ですが、それ以上に大切にしなければいけないのは「自分の人生をどう生きるか」というライフプランです。バリバリ仕事したいという場合は忙しい転職先を選べばいいですが、家庭を大事にしたいと考えている方は忙しい歯科医院ではストレスばかりが溜まってしまうでしょう。

特に育児中の方はライフプランを基に転職先を考えなければいけません。中には17時ごろに勤務を終え、そこから保育園に子どもを迎えにいき、夜は寝かしつけまで行うといった働き方をしている方もいます。

17時までの勤務は時短勤務扱いになってしまうことが多いので、それを許容してくれる環境かどうかも見極めなければいけません。

家計の面で見ても時短勤務は通常の勤務よりも給料が安くなってしまうので、そういった意味でも働き方というものは重視しなければいけないポイントです。勤務時間、休暇、給与、これが自分の理想とする生活に当てはまるかどうか、しっかり考えてみてください。

 

知識や技術が身に付くか

歯科医師としてキャリアを積みたいのであれば、知識や技術の習得が必須です。一般の歯科医院で勤務していると、難しい症例に当たること自体が少ないでしょう。

多数の症例を見て勉強したいという方は、地域の歯科医院ではなく、大学病院などのほうが向いているかもしれません。

また、一般の歯科医院でも臨床向けの勉強会への参加を推奨しているところとしていないところがあります。勉強会にかかる費用も歯科医院が持ってくれる場合もありますし、さまざまです。

勉強会にもよりますが、高額なコースだと何十万円もかかることもありますし、自費では難しいことも。積極的に勉強して歯科医師としての実力をつけたいのであれば、その歯科医院で学べることと、支援制度の有無もチェックしておきましょう。

 

福利厚生は充実しているか

アルバイト雇用と正規雇用の違いのひとつに、健康保険や雇用保険といった保険に入ることができるということが挙げられます。この保険制度を利用すれば、産休・育休制度など法律で決められた助成を受けることができます。

しかし個人の小さな歯科医院などでは、助成制度があいまいになってしまっていることも。女性医師が育休を取りづらく、職場に復帰できなくなってしまった…というケースもあります。福利厚生についての考え方は、最もクリニックの特徴が出やすい部分でもあります。

転職先を決める際には、ホームページや求人情報で分らないことは直接医院に質問し、自分が求めている福利厚生が機能しているかどうか確かめましょう。

 

理想とする歯科医師がいるか

新設の商業施設に併設されている歯科医院などは、新卒歯科医師でも月額50万円以上の給料が提示されていたりします。

これはとても魅力的な条件だと思いますが、こういった新設の歯科医院ではしっかりとした先輩や指導者がいないのも現実です。

自分が歯科医師として理想とする先輩がいるかどうかは、その後のキャリア形成に大きく関わってきます。目先の条件だけではなく、数年後、数十年後の理想像を踏まえた上で、見極める必要があります。

 

まとめ

歯科医師として転職する際は、「自分が何を重視するか」という点を明確にしておかなければいけません。

歯科医院はたくさんありますが、それだけに特色もさまざま。自分が理想とする医院を見つけるためには、しっかり下調べをする必要があります。転職先を探すことは、「自分が何のために歯科医師になったのか」を今一度考え直す機会でもあります。焦らずじっくりと自分の心と向き合って、良い医院を見つけてくださいね。

歯科医の転職で求人を探す方法

歯科医として働くなら、職場の環境や雇用条件はもっとも大事な要素。現在勤務医として働いている歯科医の方も、今より良い条件で働けるなら転職したいと思うこともあるでしょう。今回は歯科医の方が求人情報を集める際にどのような方法があるかをまとめてみました。

ハローワーク

歯科医に限らずですが、転職者がまず利用するといえばハローワークでしょう。ハローワークは厚生労働省管轄の公的機関なので、紹介してもらえる求人情報には一定の信頼性があります。そのため転職希望者にとっては利用価値が高いでしょう。

ハローワークでは民間の歯科はもちろん、公的な医療機関の歯科まで、幅広い求人情報を取り扱っています。最近ではインターネットで求人情報を探せるサービスも提供されているので、自宅にいながら歯科求人を探すことも可能です。

 

歯科医専門の求人サイト

歯科医師専門の求人サイトというものもあります。こういったサイトは歯科医の求人情報に特化しているので、より専門的に求人を探すことができます。

給与や勤務日数など、細かい条件を入力して検索することもできますし、全国各地の歯科医院を探せるのも魅力です。特に会員登録が必要な求人サイトでは、会員限定の非公開求人を閲覧することもできます。

また、情報の質が高いので、転職先で自分が働いているイメージを広げやすと言うのも歯科医専門の求人サイトの魅力です。

 

直接医院のホームページを見る

昨今の歯科医院、公的な医療機関は、独自のホームページを持っています。求人がある場合は、そのホームページに募集要項が掲載されていることがあります。

これを見つけて直接連絡すれば、スムーズに選考に対応してくれることがあります。思わぬ好条件の求人に出会えることがあるので、インターネットで歯科医院を調べていくと良いかもしれません。

 

医療系の人材紹介会社

人材紹介会社を利用して転職する方もいます。人材紹介会社にはインターネット上では探し出せない情報が掲載されています。特に医師や歯科医師といった医療系に特化した人材紹介会社であれば、独自のコネクションから良質な求人情報を紹介してもらえることがあります。

医療系の人材紹介会社に登録するとキャリアアドバイザーと呼ばれる転職の専門家のサポートを受けられるという点も魅力です。キャリアアドバイザーは求人情報の収集から面接のセッティング、条件交渉などさまざまなサポートを行なってくれるので、働きながら転職先を見つけたいという場合にも大変便利です。

 

コネクションを使う

最も確実で手間がかからないのは、先輩や知り合いの歯科医、友人らのコネクションを利用して転職先を探す方法です。

大学病院と関わりのある方はコネクションが強いので、こういった方に紹介をお願いすると良いかもしれません。

コネクションを使えば場合によっては面接すら必要なく、スムーズに転職できる可能性もあります。また、給与や勤務形態などの交渉がしやすいというメリットもあります。

 

まとめ

歯医者として転職を考えた場合、さまざまな方法で求人情報を集めることができます。人によって合う方法と合わない方法もあるので、まずはすべてを試してみると良いでしょう。

複数の方法で並行して求人情報を探せば、より良い条件の転職先を見つけられる確率が上がります。利用できる方法はすべて利用して、満足いく最高の転職先を見つけてください。

歯科医として転職する際に考えておきたいキャリアプラン

 

歯科医として経験や実績を積み、キャリアアップしていきたいと思うなら、「転職」を考えてもいいと思います。特に現在勤めている歯科医院でそれ以上のキャリアアップが望めないと判断した場合は、できるだけ早く転職先を見つけた方が良いでしょう。ただし歯科医として転職する際には、いくつか考えておかなければならないことがあります。

 

ライフプランを明確に

転職を考えた際、キャリアプランだけでなく自分のライフプランも明確にしておきましょう。ライフプランとは人生計画のことで、仕事以外のプライベートな部分での計画です。

例えば「○歳までに結婚」「〇歳で出産」「〇歳で地元にUターン」といったことです。人生をどう生きるかの指針になるものなので、転職してキャリアプランを考える前に、しっかりライフプランを考えておきましょう。

 

キャリアプランから転職先を考える

ライフプランが決まったら次に、「歯科医としてどう生きるか」のキャリアプランを立てましょう。特定の分野における専門性を高めるのか、将来的に開業するのか、実家の歯科医院を継ぐのか、など、キャリアプランはさまざまです。そしてそのプランに基づいて、治療技術や経営に関する知識など、これから身に付けるべき事項を洗い出しましょう。すると、どのような歯科医院に転職すればいいかが自ずと見えてくるはずです。

 

キャリアプランの立て方について

ただしいきなり自分ひとりでキャリアプランを立てるというのは難しいことです。もし明確なプランが思い浮かばなかった場合は、先輩の歯科医の話を聞いてみましょう。大学時代の先輩や現在勤めている歯科医院の先輩歯科医師など、自分が「いい働き方をしているな」と思える人たちに相談してみると、自分がどうなりたいかがわかってくると思います。自分ひとりでゼロからキャリアプランを立てていると、迷いが生じて間違った選択をしてしまうこともあるので、周りの人の力を借りましょう。

 

転職のスケジュールを立てる

どんな転職先がベストかわかったら、転職するためのスケジュールも立てておきましょう。現在勤務している歯科医院を辞める時期、新しい歯科医院に勤め始める時期など、きちんとスケジュールを立てておかなければ転職活動は進められません。行き当たりばったりで転職活動をしていると、現在働いている医院にも転職先の委員にも迷惑をかけてしまいます。

 

転職先の歯科医院について調べる

具体的に転職活動が始まったら、転職先候補の歯科医院について徹底的に調べましょう。「知人に紹介された」「求人サイトで条件が良さそうだった」といったように安易に決めてしまうと、自分で計画したキャリアプランと外れてしまいます。

転職後に後悔して、何度も転職活動をするはめになるかもしれません。大切なのはライフプランやキャリアプランをもとに、転職先を探すこと。

診療科目や仕事内容、雇用形態、給与などが、ライフプランやキャリアプランに結び付くような転職先を見つけるのです。そのために情報収集は欠かせません。

 

まとめ

歯科医としてキャリアアップしていきたいと思うなら、自分のライフプランとキャリアプランを立てて、それに合う転職先を見つけることが大切です。どんな歯科医院で働くかによって、自分の人生は大きく変わります。

歯科医として数十年間働いていくのであれば、無駄な時間はありません。より自分の人生に必要だと思う道を選びましょう。

歯科医師(歯医者)の転職の際に押さえておくべき選び方

現在の歯科業界は、売り手市場だと言われています。つまり、歯科での仕事を探している人よりも、歯科求人の数が圧倒的に多いのです。なので歯科業界で働きたい方にとっては有利な状況なのですが、たくさんの求人の中から選んで就職したものの、すぐに辞めてしまう方が多数いらっしゃいます。

その理由は、職場の人間関係が悪かったり、求人票に書かれていた条件と異なっていたり、業務が多忙すぎたりとさまざまです。実際に私の知人でも、新卒で働き始めた歯科で先輩歯科医師からいじめを受けてすぐに辞め、次に働き始めた歯科では院長の性格に問題があったためまたすぐに辞めて…と転職を繰り返している人もいます。やはりいい意味でも悪い意味でも、個性の強い歯科医院が多いようです。

どうせ働くのなら、良い職場で楽しく長く勤めたいと思うはず。今回はハズレを引かないよう、歯科求人を探す上で必要最低限チェックしておくべき項目についてまとめました。歯科業界で働きたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

求人選びを見直すべき人

・転職を繰り返しても、いつもクセの強い歯科医院にばかり当たってしまう

・面接のときはいい雰囲気だったのに、いざ働いてみると人間関係が崩壊していた

・求人票に掲載されていた就業時間や休日、給料などと違っていた

などという悩みをお持ちの方は、もしかすると求人の選び方が間違っているかもしれません。求人には疑った方がいい地雷ポイントがいくつか隠されていることがあります。この地雷ポイントの見分け方を覚えて、ハズレの求人を入社前に回避できるようになりましょう。

 

ハローワークとネット求人、どちらを使うべき?

まず、求人票をチェックする前の話ですが、多くの人はハローワークかインターネット求人のどちらかで求人を探します。

ですが仕事をしながら転職先を探すためにハローワークに通うのはなかなか大変です。そんなときは、Indeedという求人サービスを使ってください。

indeedには、ハローワークの求人もネットの求人も、ほとんどがまとめて掲載されています。indeedと歯科医院が直接提携して掲載している求人はもちろん、ほかの求人サイトの案件、ハローワークからの求人もすべて閲覧できるので大変便利です。転職を考えるなら、まずindeedでどんな求人があるかチェックしておくと良いでしょう。

 

求人はいつから募集されているか確認する

実際に求人票をどうやってチェックしていくかも見ていきましょう。まず求人は、転職したいと思っている時期の一カ月以上前から目を通しておくことが大切です。

一カ月以上求人サイトを見ていると、どの求人が最近募集を始めたのか、どの求人がずっと募集し続けているのかがわかります。

ずっと募集が上がっているというのは、何らかの問題があって人が集まらない求人だと言えます。その問題とは単に勤務地が不便な場所にあったりする場合もありますし、人間関係が悪く次々人がやめていく場合などさまざまです。

場所などが自分にとって問題でなければ穴場の転職先だと言えますが、ずっと募集を続けている求人は地雷求人の可能性もはらんでいるので、しっかり調べておいたほうが安心です。

 

■気になる求人があってもすぐ飛びつかない

気になる求人を見つけたら、必ず下調べをすることも大切です。その歯科医院のホームページや、口コミサイトなどで気になる点がないか調べてください。

ハローワークの案件である場合は、職員の人とも相談してください。インターネット求人の場合は、担当者に相談しておくことをおすすめします。

相談では「いつから募集しているのか」「今までにそこに面接に行った人はいるのか」「今までに面接を受けて働き始めた人はいるのか」という点を確認してください。なぜかというと、「長期募集していて歯科医院側から採用が出ているのに、それを断った人がいる」というのは、面接で何か“ここでは働きたくない理由”が見つかったからという可能性があるからです。

もちろんたまたまほかに良い求人が見つかったというだけかもしれませんが、少し慎重に考えたほうがいいかもしれません。

 

インターネット求人で気になる求人があったら

インターネットを見て気になる求人を見つけたら、その求人を掲載しているサイトに登録してみましょう。

インターネット求人なら担当者が直接先生と連絡を取るので求人先の歯科医院の先生の雰囲気についてわかりますし、面接や採用の連絡も担当者がすべて行なってくれます。実際に働くとなった場合も、給与などの条件面の交渉もサイトの担当者が行なってくれます。自分ひとりで転職活動しているより、とても楽になるのです。

 

面接でチェックしたいポイント

気になる求人に応募し選考が進むと、面接に呼ばれます。その日程を決める際、一度見学したい旨を先方に伝えておくと安心です。見学しておくと、その歯科がどんな雰囲気なのかがわかるからです。スタッフにどんな人がいるか、衛生面で問題ないか、どれくらい混んでいるかなど、求人票ではわからない情報を得られます。

 

面接のときにチェックしたいポイント

面接では、下記の点を聞いておきましょう。

 

実際の給与

求人票には「月収○○円以上」などとあいまいな表現でしか給与が掲載されていません。実際に働いてみるとそれより低いこともあるので、必ず確認しておきましょう。

歯科医師が受け持つ業務内容

歯科医師のキャリアステップは、医院によってさまざまです。自分が採用された場合にはどのような業務を担当するのかも知っておかなければいけません。

 

滅菌・消毒レベル

医院がどんな衛生観念を持っているか、自分が納得できるレベルかどうかも、働く上で大切なことです。

 

セミナー参加・講習会があるか

歯科医師としてキャリアを積みたいのであれば、講習会でスキルを磨くことも必要です。講習会やセミナーに参加する際の条件や金銭補助、自分で受けたいものを受けられるかも確認しておきましょう。

 

直接医院に確認しづらい場合

面接の雰囲気や今後の採用が不安で直接医院に確認しづらい場合は、求人サイトを通して上記の事項を確認しましょう。

インターネット求人では、面接の後、医院からサイトのほうに合否が伝えられます。その後、サイトの担当者から採用・不採用の通知がきます。この時点で、担当者に気になる点を確認しておくと良いでしょう。

 

まとめ

歯科医師の求人は、求人票の条件だけではいけません。いくら条件の良い求人でも、実際に現場を見るまではいい職場かどうかわかりません。

特に歯科業界は特殊な職場が多いので、すぐ辞めたくなるような歯科医院を選ばないよう、しっかり下調べをしておくことが大切です。

歯科医(歯医者)転職を考える際の情報の集め方と押さえるべきポイント

歯科医(歯医者)としてこれから働く上で、参考にしたい各職場環境や雇用条件などの情報源。

「これから働く職場がどんな環境なのか」「この職場でどんなスキルを磨くことができるのか」「在籍している医師にはどのような方がいるのか」など、数多くある中から選ぶ際に気になるものです。

今回は、歯科医として転職考える際の情報の集め方について解説します。

“歯科医(歯医者)転職を考える際の情報の集め方と押さえるべきポイント” の続きを読む

ページトップへ